HOME>コンテンツ>悪化すると歯が抜ける恐ろしい歯周病とは~早期発見がカギ~

悪化すると歯が抜ける恐ろしい歯周病とは~早期発見がカギ~

院内

恐ろしい歯周病の実態

以前は歯槽膿漏と言われていた歯周病は、呼び名こそ変わっても症状は同じですから、中年以降の方々には依然として恐ろしい疾患です。これは歯垢や歯石中で繁殖する細菌が毒素を出し、それにより歯茎が炎症を起こすことから始まります。この段階では歯肉炎と呼ばれ、最初は軽度ですが、放置すれば歯が埋まっている歯槽骨という骨も一緒に溶けてしまうのです。歯を抱えていた歯槽骨が徐々に失われることで、次第にぐらつき始め、やがて歯が抜け落ちる病気となっています。しかしながらこの病気が厄介な点は、歯茎や歯槽骨が溶け始めても、痛みを殆ど感じないことです。虫歯で歯が痛くても歯医者さんに行かない人も多い訳ですから、痛くもないのに喜び勇んで歯医者さんへ行く人は少ないでしょう。そうこうしている内に歯肉炎の状態をとっくに過ぎ、気が付いたらもはや手遅れというパターンが珍しくありません。とは言え、歯周病は早期の治療で改善できますから、放置して歯を失うことは避けられます。幸い、堺エリアには歯周病のケアで評判の歯医者さんが揃っていますから、お近くの方は1度診察を受けられてはいかがでしょうか。

歯

予防歯科でのケアが大切

プラークコントロールは歯周病の予防ケアでは不可欠ですから、歯医者さんで歯垢や歯石を除去してもらうのが肝心です。特に歯石は歯磨きでは落とせませんので、歯医者さんで取ってもらうしかありません。そしてプラークコントロールが重要な理由ですが、歯石の表面には無数のデコボコがあり、そこはツルツルの歯の表面より、何倍も細菌が付きやすい状態となっています。ですから毒素を放つ細菌のホームタウンと化した歯石を取り除くことが、歯周病の治療や予防では重要なのです。一方、予防歯科では歯磨きのブラッシング方法も重要視されており、日常生活で的確に歯垢を落とすこともポイントになっています。堺エリアの歯医者さんでも歯周病ケアに最適なブラッシング指導をしてくれますので、できればそれを受けておきましょう。歯ブラシをグーで握るのではなく、2本や3本の指で握る通称ペングリップなど、目からウロコの歯磨きの秘訣を教えてくれる筈です。40代以降で歯を失う大半の原因が歯周病ですから、なるべく早めに堺エリアの歯医者さんで予防歯科に取り組むことを強くおすすめします。

広告募集中